紅茶にまつわるアンティーク ~合理的な英国人が生み出した「トリオ」~

2014/04/10 Written by

洋食器を購入する際に「○ピース」という言葉を見かけることはありませんか? 日本人にはやや馴染みのない食器の単位。最初は戸惑う人も多いかもしれません。

たとえば、ティーカップ&ソーサーは2ピースと数えます。日本人の感覚だと「1客でしょ」となるのですが、英国人はカップを1ピース、ソーサーを1ピースと数えるため、2ピースという表現になるのです。ティーポットも同様に2ピースと表現されます。本体が1ピース、蓋が1ピースです。ティーポットはさすがにセットで販売されますが、ティーカップとソーサーに関しては別売りでの販売が基本。たまに、「あら、こんなにお安いのね」と思ったら、それはソーサーだけの価格だったなんてことも!


1397083057-036845_2

さて、ではタイトルの「トリオ」とは、何を指す言葉なのでしょうか。実は「ティーカップ+コーヒーカップ+ソーサー」の3ピースを指す言葉なんですよ。紅茶とコーヒーを同時に飲むことはないので、ソーサーは1枚で充分! なんて合理的な考え方なのでしょう。「トリオ」は18世紀前半大流行します。ちなみに現在のトリオは、「ティーカップ(またはコーヒーカップ)+ソーサー+ケーキ皿」を指す言葉になっています。「トリオ」の言葉を見たら、どちらのセットなのかな・・・と、ぜひ確認してみて下さいね。


Photo&Text:
ChaTea紅茶教室

おすすめアイテム

  • PG Tips ストロング・ティーバッグ【アウトレット】
    PG Tips ストロング・ティーバッグ【アウトレット】人気のPG Tipsストロング80袋入りのパッケージダメージ品
  • PG Tips ティーバッグ【アウトレット】
    PG Tips ティーバッグ【アウトレット】人気のPGTipレギュラー80袋入りのアウトレット商品新登場!
  • イングリッシュブレックファースト(リーフティー)
    イングリッシュブレックファースト(リーフティー)上品でまろやかな味わいが美味しいBrew Tea Co. の看板商品
  • 東インド会社 アフターヌーンブレンド 【アウトレット】
    東インド会社 アフターヌーンブレンド 【アウトレット】マンダリンオリエンタルホテルとのコラボレートの紅茶
  • シンプレックスケトル No.3
    シンプレックスケトル No.3英国ロイヤルファミリーに受け継がれて愛用されるブランド。キャサリン妃の引き出物にも選ばれたケトル
  • ロバーツラジオ(キャスキッドソンコレクション)
    ロバーツラジオ(キャスキッドソンコレクション)『キャスキッドソン』ローズ柄の限定仕様モデル
  • 1960年代 イギリスのウィングチェア
    1960年代 イギリスのウィングチェア重厚なヴィンテージウィングチェア
To top ↑