紅茶にまつわるアンティーク ~はじめての茶漉し「モートスプーン」~

2014/05/07 Written by

モートスプーン は、1697年頃から使われ始めた、紅茶用に作られた特別なスプーンです。紅茶専用の銀の茶道具としては、ティーポットと同じくらい古い茶道具です。


1411545871-816035_3

では、このモートスプーンの使用方法を説明しましょう。一つ目の使い道は、粉茶が入っている茶葉を取り扱う際に、このスプーンですくい上げ、茶葉の粉茶の部分を穴から落とすこと。そして次にティーポットの注ぎ口に茶葉が詰まった際に、スプーンの後ろの尖った部分で茶葉をクラッシュし、取り去ること。最後の使用用途は、ティーカップ(当時はハンドルのないティーボウルが使用されていました)の中に注いだお茶に浮かぶ茶殻を、ボウル部分で取り除くことです。

モートスプーンはいわば初期の茶こしです。当時お茶はとても高かったため、モートスプーンもオートクチュールで作られました。そのためモートスプーンはボウル部分のピアス細工の加工が一本一本異なります。中には、家紋をピアス細工で表現する家もあったそうです。Cha Tea 紅茶教室には現在13本のモートスプーンがありますが、ピアス細工は全て異なります。


1399363106-183313_3

モートスプーンはジョージアン王朝までしか制作されていないため、1700年代のティーテーブルを象徴する茶道具になっています。美術館やアンティークショップで見かけたらぜひ注目してみて下さい。


Photo&Text:
ChaTea紅茶教室

おすすめアイテム

  • PG Tips ストロング・ティーバッグ【アウトレット】
    PG Tips ストロング・ティーバッグ【アウトレット】人気のPG Tipsストロング80袋入りのパッケージダメージ品
  • PG Tips ティーバッグ【アウトレット】
    PG Tips ティーバッグ【アウトレット】人気のPGTipレギュラー80袋入りのアウトレット商品新登場!
  • イングリッシュブレックファースト(リーフティー)
    イングリッシュブレックファースト(リーフティー)上品でまろやかな味わいが美味しいBrew Tea Co. の看板商品
  • 東インド会社 アフターヌーンブレンド 【アウトレット】
    東インド会社 アフターヌーンブレンド 【アウトレット】マンダリンオリエンタルホテルとのコラボレートの紅茶
  • シンプレックスケトル No.3
    シンプレックスケトル No.3英国ロイヤルファミリーに受け継がれて愛用されるブランド。キャサリン妃の引き出物にも選ばれたケトル
  • ロバーツラジオ(キャスキッドソンコレクション)
    ロバーツラジオ(キャスキッドソンコレクション)『キャスキッドソン』ローズ柄の限定仕様モデル
  • 1960年代 イギリスのウィングチェア
    1960年代 イギリスのウィングチェア重厚なヴィンテージウィングチェア
To top ↑