キュガーデン 英国王室が愛した花々 シャーロット王妃とボタニカルアート 20201年9月18日〜11月28日 東京都庭園美術館

キュガーデン 英国王室が愛した花々 シャーロット王妃とボタニカルアート 20201年9月18日〜11月28日 東京都庭園美術館

《ご招待券プレゼント》

トマス・ハーヴェイ夫人 ローザ・ケンティフォリア(キャベツローズ)とローザ・ガリカ(フレンチローズ)の栽培品種(バラ科)1800年 水彩、紙 キュー王立植物園蔵
ⒸThe Board of Trustees of the Royal Botanic Gardens, Kew

いよいよ待ちに待った『キューガーデン 英国王室が愛した花々 シャーロット王妃とボタニカルアート』の東京展が、白金の緑豊かな庭園に佇む東京都庭園美術館で開催されます。本展覧会の招待券を抽選で5組10名様にプレゼントいたします。

18世紀半ばに開園した英国王立植物園「キューガーデン」は、今や最先端の植物学の研究機関であり、また22万点のボタニカルアートを収蔵する世界有数の植物園です。本展では、キューガーデンの規模を飛躍的に拡げた英国国王ジョージ3世の妃、シャーロット王妃の寵愛を受け、18-19世紀に制作された、ボタニカルアートに名を残す植物画家の作品を紹介しながら、当時の啓蒙思想を背景とした英国の自然科学の発展をたどります。

ピーター・ヘンダーソン ロードデンドロン・ポンティクム(ツツジ科) ロバート・ジョン・ソーントン編『フローラの神殿』より 1802年版 銅版、紙 個人蔵 Photo Michael Whiteway
シデナム・ティースト・エドワーズ チューリッパ・シルベストリスの栽培品種(ユリ科) 1809年 黒鉛、水彩、紙 キュー王立植物園蔵 ⒸThe Board of Trustees of the Royal Botanic Gardens, Kew

また、『RSVP』の読者の皆様におかれては、シャーロット王妃が愛し、「クイーンズウェア」の称号を与え、その後世界の王室からも声がかかったウエッジウッドの逸品の展示も、楽しみの一つではないでしょうか? 

ウェッジウッド ポートランドの壺 19世紀(1790年頃完成) ジャスパーウェア(炻器) 個人蔵 Photo Michael Whiteway
ウェッジウッド 蓋付き深皿(クイーンズウェア) 1765-70年 クリームウェア(陶器)、エナメル彩 個人蔵 Photo Michael Whiteway

東京都庭園美術館の本館は1933年に朝香宮の自邸として建てられ、1983年に美術館として開館されました。主要な部屋の内装にアンリ・ラパンやルネ・ラリックらフランスのアール・デコ様式における著名なデザイナーが起用されたので、照明をはじめ壁のパネルなどの装飾芸術と、今回の花がいっぱいの展示品との融合が今からとても楽しみな展覧会です。

■ご招待数:5組10名様

【応募方法】
以下の項目をコピペーストして、情報をお書き添えの上、info@ rsvp.co.jp までメールをお送りください。
・郵便番号・住所・氏名 ・年代
・今後RSVPウェブサイトで取り上げてもらいたいニュース、記事など

【応募締め切り】9月25日(土)

招待券の発送を持って、発表とさせていただきます。尚、頂戴する個人情報は今回のプレゼント企画のみの利用といたします。  https://www.eightknot.com/privacypolicy/

展覧会名:キューガーデン 英国王室が愛した花々 シャーロット王妃
     とボタニカルアート
会期  :2021年9月18日(土)〜11月28日(日)
休館日 :月曜日(ただし9月20日は開館),9月21日(火)
時間  :10:00〜18:00(展示室入場は閉館前の30分前まで)
会場  :東京都庭園美術館(本館+新館)東京都港区白金5-21-9
入場料 :一般¥1,400、大学生・専門学校生¥1,120、中・高校生¥700
     65歳以上¥700、小学生以下無料 
     *事前予約制
公式サイト  www.teien-art-museum.ne.jp/ 問合せ:050−5541−8600

RSVP’s Recommend

RSVP書籍の購入はこちら

To top ↑