イギリスの陶磁器ブランド紹介 Aynsley ③ ~女王陛下のご用命で生まれた磁器製テーブルフラワー~

イギリスの陶磁器ブランド紹介 Aynsley ③ ~女王陛下のご用命で生まれた磁器製テーブルフラワー~
1406333157-097603_2

英国の名窯・エインズレイには、もう一つ、特徴的なアイテムがあります。それは磁器製のテーブルフラワー、陶花と呼ばれる「フローラル」シリーズです。英国では、花びらが落ちることを避けるため食事中は磁器製の陶花をテーブルに飾り、食後に生花を飾る、というマナーがあります。その陶花の製作を命じられたのは、ヴィクトリア女王。世界で初めて磁器製の陶花を制作したのが、エインズレイです。現在も、世界中で最も愛用されているのは、エインズレイの陶花と言われています。

花びら一枚、一枚を手で形作り、ハンドペインティング

エインズレイの陶花の特徴は、色鮮やかな色彩と熟練の5人の職人の手によって、花びらひとつ、ひとつが手作りされ、ハンドペインティングで彩色されていること。美しい透明感のある乳白色と輝き、強さをもつボーンチャイナをベースに粘着率を高めるためアラビアゴムを混ぜたクレイ(粘土)を、まず花びらや葉などのパーツごとにひとつひとつ手で成形します。それを組み上げ、花の形に整えます。


1406333157-097603_3

花のパーツは、1215~1230度の低温で10時間、素焼きします(Biscuit Fire)。続いて、それぞれのパーツを丁寧にひとつずつ、器に植えつけ。形づくられたところで白釉を施し(Grazing)、今度は1100度で9時間、白磁焼き(Glost Klin)という工程に進みます。


1406333157-097603_4
1406333157-097603_5

白磁焼きの次の工程は、絵付けと彩色です。器には転写紙で絵付けを施し、花びらは手で一枚、一枚、彩色します。最後に、もう一度、焼成をして完成です。


1406333157-097603_6

こうして出来上がった陶花には、ひとつひとつ異なった表情があります。手仕事でつくられるからこそ、花びらの形や向き、色合いに個性があるのです。

エインズレイ・ジャパンでは、エリザベスローズ ピンク、チェリーブロッサム、ハワードスプレイ、コテージガーデン、イングリッシュバイオレット、エリザベスローズ ブルー、ペンブロック、コンテンポラリーフローラル、アニバーサリー フラワー、イングリッシュガーデンの10の陶花のシリーズを扱っています。

ヴィクトリア女王のために、アルバート公が陶花のティアラを贈ったというエピソードも伝えられ、故ダイアナ妃とチャールズ皇太子の婚礼の際には、エインズレイ製の陶花のティアラが出席者の返礼に贈られました。貴族の間でも愛用され、ギフトとしても人気が高い陶花。王室ゆかりのストーリーとともに、優雅なテーブルの中心に飾って、楽しんでみてはいかがでしょうか。


エインズレイ ・ ジャパン(http://www.aynsley.co.jp/main.html

おすすめアイテム

  • PG Tips ストロング・ティーバッグ【アウトレット】
    PG Tips ストロング・ティーバッグ【アウトレット】人気のPG Tipsストロング80袋入りのパッケージダメージ品
  • PG Tips ティーバッグ【アウトレット】
    PG Tips ティーバッグ【アウトレット】人気のPGTipレギュラー80袋入りのアウトレット商品新登場!
  • イングリッシュブレックファースト(リーフティー)
    イングリッシュブレックファースト(リーフティー)上品でまろやかな味わいが美味しいBrew Tea Co. の看板商品
  • 東インド会社 アフターヌーンブレンド 【アウトレット】
    東インド会社 アフターヌーンブレンド 【アウトレット】マンダリンオリエンタルホテルとのコラボレートの紅茶
  • シンプレックスケトル No.3
    シンプレックスケトル No.3英国ロイヤルファミリーに受け継がれて愛用されるブランド。キャサリン妃の引き出物にも選ばれたケトル
  • ロバーツラジオ(キャスキッドソンコレクション)
    ロバーツラジオ(キャスキッドソンコレクション)『キャスキッドソン』ローズ柄の限定仕様モデル
  • 1960年代 イギリスのウィングチェア
    1960年代 イギリスのウィングチェア重厚なヴィンテージウィングチェア
To top ↑