『ウィリアム・モリスと英国の壁紙展—美しい生活をもとめて』

『ウィリアム・モリスと英国の壁紙展—美しい生活をもとめて』

  ウィリアム・モリス《バウアー(あずまや)》1877年頃(印刷)©Morris & Co.

     

英国有数の壁紙会社サンダーソン社が所蔵するウィリアム・モリスを中心とした貴重な壁紙や版木など約130点が日本で初めて紹介される『ウィリアム・モリスと英国の壁紙展—美しい生活をもとめて』が、4月20日より横浜・そごう美術館で開催されます。

          

ウィリアム・モリス《庭のチューリップ》1885年(印刷)©Morris & Co.

ウィリアム・モリス(1834-96)はイギリスで19世紀に活躍した小説家、詩人、デザイナーであり思想家。生活と芸術を一致させようとしたモリスの思想や実践(アーツ・アンド・クラフツ運動)は、20世紀デザインの源流となり、「モダン・デザインの先駆者」に位置づけられています。今日に至るまで、モリスが生み出した自然をモチーフとする繊細で美しい図柄は世界中で愛され続けています。

ロシー・ヒルトン《オレンジとレモン》1902年頃 ©Sanderson

今回の展示は、ウィリアム・モリス以前・ウィリアム・モリスとモリス商会・アーツ・アンド・クラフツ運動 の三部構成となっており、壁紙が発展する中で、モリスのデザインがどのような役割を果たし受け継がれたか、英国壁紙デザインの発展と変遷を辿っています。また、特別企画として、明治時代初期、ウィーン万国博覧会に日本から出品され、旧岩崎邸でも使用されていることで有名な「金唐革紙」の壁紙が初めて里帰りすることを記念して、当日の技法を伝承した技術保持者による「金唐紙製作実演会」も開催されます。版木ロールで紙を打ち、彩色を施す工程など、当時ヨーロッパで絶賛された日本独自の技巧は必見です。(実演会の詳細はウェブサイトをご覧ください)

《金唐革紙》1885年頃 ©Sanderson

        

RSVPでは今回の『ウィリアム・モリスと英国の壁紙展』開催を記念して、5組10名様に招待券をプレゼントいたします。

【応募方法】                             以下の項目をコピペ、情報をお書き添えの上、info@rsvp.co.jp までメールをお送りください。

・氏名

・年代

・性別

・郵便番号

・住所

・今後RSVPウェブサイトで取り上げてもらいたい企画など

応募締め切り:2019年4月19日(金)

*招待券の発送を持って、当選発表とさせていただきます。メールでの当選/落選通知は致しません。ご了承ください。

*応募時に記入していただく個人情報はプレゼントの抽選、当選者への発送に利用いたします。なお、抽選終了後ご記入頂いた個人情報は削除いたします。

         

【開催概要】

会期2019年4月20日(土)~6月2日(日)*会期中無休
開館時間 午前10時~午後8時 *入館は閉館の30分前まで
4月26日(金)-5月5日(日・祝)は 午前10時〜午後8時30分(入館は閉館の 30分前まで) *閉館時間は変更になる場合があります。
会場 そごう美術館 横浜そごう6F
主催 そごう美術館/朝日新聞社/神奈川新聞社
特別協力 ウォーカー・グリーンバンク社
後援 ブリティッシュ・カウンシル/神奈川県教育委員会/横浜市教育委員会
協賛 西川株式会社/マナトレーディング株式会社/株式会社そごう・西武
協力 日本航空/株式会社川島織物セルコン/リリカラ株式会社/リンデン株式会社
料金 大人1,300円/大学・高校生800円/中学生以下無料
※団体料金、カード割引など詳細はウェブサイトをご確認ください。

お問い合わせ そごう美術館 045-465-5515       https://www.sogo-seibu.jp/common/museum/

RSVP’s Recommend

RSVP書籍の購入はこちら

To top ↑